バス会社に入社し、約一ヶ月間の研修後、めでたく一人で営業乗車(独車)となった。
教習所に通い始めてから約8ヶ月間でバスの運転士だ。
イメージ 1


人様の命を預かっている職業の割には何だか早いような気がするが、規制緩和の影響で
どこもこんなものなのだろう。世知辛いったらありゃしない。

未経験の新人の通る道なのか、おれっちももれなく事故ってしまった。ああ、、、。
独車開始して数日での事故だった。左ミラーが恨めしい。
幸い物損事故だったが、本当に申し訳なく自分が情けなくなってくる。

未経験でバス運転士を目指している方は、気をつけてください。
独車になって浮き足だっている時が要注意だと思う。
何かに失敗(金庫操作に失敗、お客に何か言われた等)したあと引きずっていると、危ない!

お客さんは運転士を選べないので、早く自分が一人前になれる様、精進あるのみだ。

この日記コーナーはこれで終了。
最後に実際にバスの運ちゃんになっての感想を書いておく。
○良い点
・運転が好きな人なら、好きな事で金を稼げる。
・仕事のための勉強をしなくて済む。
・体力に自身がなくてもやっていける。
・休憩時間は何やってもOK。昼寝しまくり。
・まだまだ無くなりそうにない職業なので将来は安心かも。
・自分が交通機関の一部となっている事に多少なりともヤリガイを感じる。

×悪い点
・給料は安め。
・拘束時間が長い。朝は早く夜は遅い。
・車外・車内両方の事故リスクがある。営業中は、極度の緊張・集中力を伴う為、精神的に疲れる。
・公共交通機関の為、土日祝日などの概念が無く、休みはシフト制。しかも休み自体少ない。
・いろんなお客さんがいる。
・大きな事故したら人生終了。


まだまだ入社したばかりだが、今のところ転職して良かったと思っている。
何しろ、毎朝「会社行きたくねぇー」と葛藤していたのが嘘のように、目覚まし一発で起きれるんだ。