ようやく休みが取れたので、修理やります。
必要なパーツは全て入手済なので、あとは組み立てていくだけだ。

スクレーバーで古いガスケットを剥がす。
イメージ 1

ガスケットを剥がしたら、オイルストーンで表面をならす。
イメージ 2

下準備終わり。よーし、エンジン組み立じゃ。
まず、ピストンにピストンリングを付ける。
イメージ 3
のだが、リングの順番が判らんぞ。

上から1段目のリングはどっちだ?
サービスマニュアルには、「R」の印があるリングが1段目と書いてあるが、、、、。
イメージ 4
はてさて、どっちの「R」が1段目だ?台湾パーツだから、記述が違うのか?
判らんので、番号順に「1R」を1段目にした。きっと、あっているだろう、、、たぶん、、。

ピストンにピストンクリップを片方だけ付けてピストンピンを挿入し、コンロッドとドッキング。
ドッキング後、もう片方にもピストンクリップを付ける。
新品ピストンピンは、スムーズに入るよ。
そして、ピストンリングを指で押さえつつ、ピストンをシリンダにやさしく挿入。
イメージ 5
エンジン弄りで毎回思うが、シリンダにピストンを挿入する作業が苦手だ。

んで、通常ならここでヘッドを付けて終わりなのだが、この車両、ハイカムが入っているのだ。
どこのメーカーのどんなハイカムが入っているのかは判らんが、購入時にとにかくハイカムが
入っている事だけは聞いている。
上記の写真でも判るが、純正ピストンにはバルブ逃げが無くまっ平ら。
リフト量が大きいハイカムだと、バルブがピストンにブチ当たる。

当たるかどうか確認する為、バルブに朱(ハンコ用の補充インクを利用)を塗る。
イメージ 6
この後、仮組みし、クーリングファンを手で回して数回エンジンを回してみる。
んで、ヘッドを外しピストンを見ると、、、朱は全く付いてなかった。もちろんバルブ側も問題無し。
ヘッド自体はノーマルなので、やんちゃなハイカムではなかったようだ。
ノーマルピストン可のハイカムも数種類販売されているので、そのうちのどれかなのだろう。良かった。

今度は本組みし、エンジンは取り合えず完了。
イメージ 7
車体への搭載は、次の休日に。

ついでに、今日は、クランクケースの磨き作業をした。
作業前のクランクケース。
イメージ 8

グラインダーに紙やすりを付け、適当にガシガシやる。
イメージ 9
これが、後々傷だらけになるとも知らずに、ガシガシやった。

フェルト生地にコンパウンドを付け、磨く。
イメージ 10

だ、、駄目だ、もう、やる気しねぇー。
イメージ 11
写真で見ると綺麗かな?とも思うが、本当は傷だらけだ。
紙やすりが荒すぎた。もっと耐水ペーパーで地味にやらねば駄目ですな。
それと、グラインダーでは細かい所を磨く事が出来ない。
そのうち、暇になったら磨きなおそう。


早く休みがこねぇーかなぁ。