割れたカウルをプラリペアでくっつける。

割れた部分。
イメージ 1

プラリペアの粉が入りやすいようにリューターで谷型に少し削る。
イメージ 2

プラリペアの粉をふりかける。
イメージ 3

プラリペアの液を付属のスポイトでたらす。
イメージ 4

5分待つと硬化。
イメージ 5
実はプラリペア使うの初めてだったが、簡単ですな。

表側は塗装がひび割れているけど、気にしないようにしよう。
そのうち、ステッカーで誤魔化せばいいかな。