今日はお昼で仕事が終わったので、ズーマーのオイル交換をした。
ついでに、いつ交換されたか判らない、ギアオイルも交換だ。

今回使うオイルと計量カップ。
イメージ 1
エンジンオイルは、安いわりにはお主ナカナカやりおるなと評判の住商石油謹製SUMIXオイル。
ジョイフル本田で激安ナリ。
ギアオイルは、ヤマハのドライブシャフトオイルを使う。
計量カップは、ギアオイルの計量用。100均で買ってきた。

まず、数分間エンジンを暖機。
最初にギアオイルを交換する。

ドレンボルトを取って、オイルを抜く。
イメージ 2

なかなかの色合いだ。
イメージ 3
でも、粘度は問題無くまだまだイケそうでもある。

計量カップにドライブシャフトオイルを入れる。
イメージ 4
マニュアル記載通りキッカリ110cc計量し、投入する。
新品のオイルは、蛍光イエローみたいな色で綺麗。

お次は、エンジンオイル。
オイルを抜くと、真っ黒なオイルに銀色のマーブル模様。(写真撮ってねぇー。)
200キロしか走ってないのに、こんなにも汚れるもんなんだな。
改めて、慣らし運転と初期のオイル交換は必須だなと実感。

それと、オイルドレンプラグの中に、金属片が多数あったので取出してみた。
イメージ 5
こちらは、亡きピストンのカケラだな。

抜いたオイル内にも、砂金のように金属片が沈んでいた。
イメージ 6
当分オイル交換の際、このように出てくるんだろう。


オイル交換後、試走を兼ねて10キロ程走ってみた。
車の流れに乗るように、時速40~60キロで走行。回転数は、7000回転以下。
とてもスムーズだ。今のところ、問題ない。
今後、回転数を7000、8000と段階的に上げていき、100キロ程走れば、慣らし終わりだな。
ハヨゼンカイニシタイ。