車検期限が近づいてきたので、車検してきた!
と言うか、いつかタンデムするカモ(*´Д`)ハァハァ
と定員2名のままだったけど、無理ゼッタイ!と悟ったし、車検の度にシート交換したりするの面倒だったし、
何よりストファイ化していろいろ変わったので、ちょうどイイタイミングって事で、構造変更してきたナリ。

まずは、検査の予約。
国交省の自動車検査インターネット予約システムから予約。
構造変更の場合は、所轄の検査場でしか出来んので、今回は千葉運輸支局に予約した。
数日前に予約した際には、2日は最終組しか空いてなかったが、前日夜に確認したらam10:00が空いていたので変更した。
予約一杯でも前日に確認すると吉カモ。

んで、本日。
ヘッドライトをPIAA P3000に交換したし、何だかいろいろ不安なので、事前にテスター屋で測定。
イメージ 1
今回も八千代自動車整備工場さんでやってもらった。バイクは1,000円とお安い。
光軸はやっぱりズレてた。光量も微妙に足らん様子。
150(×100カンデラ)必要な所、145だった。
光軸は、ネジゆるめてP3000の向きを変えるだけでOKだが、光量は、、、。
まあ、検査場では誤差を考慮して光量はゆるめとの噂なので、一か八かで突撃じゃ!

いざ、検査場へ!
持参する物は以下のとおり。継続車検と同じナリね。
1.自賠責保険証明書。
2.自動車検査票。
3.軽自動車税納税通知書。
4.定期点検記録簿。
5.はんこ
※それと書類を挟むバインダーがあるとベンリィ。

30分前に検査場に到着。
イメージ 2
検査場のすぐ外にある代書屋さんで、自賠責保険の更新を行う。11,520円也。

初めてでよく判らんので、受付で相談。
窓口のおじちゃんの指示に従いマークシート第1号に記載し、隣の建屋に行き必要書類&印紙を購入。5,800円也。
てほんを見ながら書類に記載。
記載したら、再度窓口のおじちゃんに内容をチェックしてもらいダメ出しをしてもらう。
修正したら、ユーザー車検窓口に行き予約番号を告げて書類を確認&押印してもらう。

さぁ、検査だ!!
検査建屋に行き、順番待ち。ドキがムネムネするナリ。(-∀-)
カウル剥いだ盗難車みたいな格好で果たして受かるもんなんカニ?大丈夫なんカニ?

検査官が来て、継続検査と同様にウインカー、ライト、ホーン、ブレーキランプの確認をした後、
おもむろにあんちょこ取り出して何やら調べている、、、。やっぱダメなん(;゚д゚)?
その後、幅、高さ、長さ、ホイールベースを巻尺で計り、ラインへ行けとの指示。

おお!OKですか?そうですか(*´∀`*)
結局カウルは飾りでしか無いって事で、カウル剥いだくらいではなんら問題無いんですな。

検査ラインへ入ったら、あとは音声指示に従ってこなしていくだけ。これは継続車検と同じですな。
心配していた光量も一発OK(*´∀`*)
最後に、車重を計測して検査完了。
イメージ 3

うっひょーーー!無問題ですんなり構造変更完了したナリよヽ(・∀・)ノ゛
イメージ 4
定員2名⇒1名に。
車両重量は、220kg(前軸100kg、後軸120kg)⇒200kg(前軸90kg、後軸110kg)になった。
200kgは切れなかったが、マフラーをバカスク仕様に戻せば200kg切りますな。
高さは123cm⇒106cmに低くなり、なぜか長さが223cm⇒212cmに変わった。幅は変わらず77cmのまま。


車検無事通過で、これで心置きなくフレームのステーをブッタ切れますな( ゚∀゚)
帰宅後、すぐにバカスクマフラーに戻して終了。
イメージ 5
ストファイ化の続きをやっていきたいが、そろそろノーブルの修理をせねばならんので、
ノーブルの車検が通るまでTMAX弄りはお預け。