先日の試運転で無事走り、ノーマルの状態もだいたい判ったので、んじゃやるカニ。

って事で、ポチっとな♪
イメージ 1
おれっちが我慢できるはずも無く、いつもニコニコリボ払いで冬のボーナスの消失と共に
ルーニーのチャンバーをゲットん!(*´Д`)ハァハァ

当時は各社から販売されていたMVX用チャンバーも、今ではルーニーアルファレーシングのみ。
まあ、34年も前のしかもたった1年しか販売されなかったバイクのチャンバーを今でも製作
してくれている事に感謝ナリね。

んで、ルーニーとアルファどっちにするかで迷った。
ググってもほとんどHITせず、性能、音、セッティングなど全く未知だった。
結局、形でルーニーに決めた訳ナリ。

中身はこんな感じ。
イメージ 2
ルーニーのMVX用チャンバーはスチール製で、送料込みで97,800円也。
た、、たけぇ、、、6.2万の車両に何やってんだ?!って感じだが、まあ仕方がないナリ(=∀=)
それと、おれっちステンレス製チャンバーの音が大好物なので、ステンレスで製作できないか?
とルーニーに問合せたのだが、無理だったナリ(;´Д⊂)
ちなみにアルファもステンレスは無理だった。

んで、ルーニーに決めた理由は、このサイレンサーの形。
イメージ 3

おれっちの好きな80年代前半のレーサーのサイレンサーってこんな形。(ネットから勝手に拝借)
イメージ 4
ってか、鉄フレームのTZ系のサイレンサーが大好物なだけだが。

MVX用ルーニーチャンバーは、標準だと200mm(TP011)サイレンサーが付くのだが、わざわざルーニーに頼んで、
160mm(TP012)に変更してもらったナリ。
ただ、テカテカなのがおれっち的にいただけない('A`)
って事で、ブラストして梨地風に。
イメージ 5
まあまあ、イイ感じに。

早速装着じゃ!
ノーマルチャンバーを取っ払う。
フランジナットと固定ボルト抜くだけなので、写真撮ってなかった、、、。

ついでと言ってはなんだが、シリンダー内を覗いてみた。
イメージ 6
ピストンはちょい縦線入っていたが、綺麗なほう。
シリンダー内壁は、結構縦線入ってた。
前オーナー曰く、「2万キロ台のエンジンに載せ替えた。」との事だったので、まあまあそんなもんでしょうな。

いちおう、チャンバーの重さも計ってみた。
ノーマルチャンバーは、1,2,3番共に3.6kg(手持ちの計りが3kg未満仕様だったので、体重計でザックり計測)
ルーニーチャンバーは、
1番 1,183.0g
2番 1,248.5g
3番 1,181.1g
だった。サイレンサーの重さは、270g。
チャンバー交換だけで、約6.4kgの軽量化(*´∀`*)
乾燥重量138kgのMVXで6.4kgの軽量化は、どデカイでしょ!!

それと、チャンバー入口の口径も計ってみた。
ノーマルチャンバーは28mmで、ルーニーチャンバーは29.8mmだった。なかなか期待が持てるナリ。

ノーマルチャンバーとルーニーチャンバーの形状比較。
イメージ 7
膨張室のふくらみ幅はほとんど一緒だが、ルーニーチャンバーの方が短いので少し高回転型なのカモね。
形状があまり大きく変わらないので、驚くほどの変化は無いカモ。

ルーニーチャンバー取付ける前に、ノーマルの2番チャンバーからコレ取っておく。
イメージ 8
固定ボルトを挿す部分のブッシュみたいな感じのゴム。

外すとこんな感じ。
イメージ 9

シリコングリスをちょい塗って、ルーニーの2番チャンバーに装着。
イメージ 10

あとは、チャンバーの口にたっぷりと耐熱ガスケットを塗って装着するだけ。
イメージ 11
ちなみに、当初ノーマルガスケットを使うのかと思ったが、ガスケットの口径が合わず。
と言うか、ガスケットの幅分チャンバーの口径をギリギリまで広げた設計って感じの作りで、
ガスケットがハマる溝にチャンバー口が来る感じ。

んで、チャンバー付いた(*´Д`)ハァハァ
イメージ 12

なんか、カッコイイ。
イメージ 13

サイレンサーも装着すると、萌えるぅぅぅーーーー(*´Д`)ハァハァ
イメージ 14

ノーマルチャンバーとの比較。
イメージ 15

後ろからはこんな感じ。
イメージ 16
本来MVXのノーマルカウルで装着出来るように作られているので、大幅な向きの変更は無い。

でも、社外チャンバーでは付き物ナリよね。
はい、バッチリ!スタンドに接触します。(;´Д⊂)
イメージ 17

速攻でキズモノナリ_| ̄|○
イメージ 18

慌てず騒がず、とりあえず傷入った部分に、耐熱クリアーを吹いて。
イメージ 19

さて、どーするものか、、、。
スタンドを切った貼ったするのは大掛かりになるし、それと言ってチャンバー側にゴム貼るのもアレだし、、、。
って事で、お約束の耐熱バンテージを巻く事にした。
Amazonで耐熱バンテージをポチっとな。
イメージ 20
幅5CM×15Mで固定のステンレスバンドもセットで、2,450円也。

どぶん♪と水に浸けて。
イメージ 21

巻きました( ゚∀゚)
イメージ 22

スタンドがぶち当たる部分をバンテージがガード!
イメージ 23
本来バンテージ巻く理由は別だが、まあイイでしょう。
後ろバンクの2番チャンバーは元々熱いので、巻かなかったナリ。

んで、完成ヽ(・∀・)ノ゛
イメージ 24
カッコイイ!よーな気がする。自己満足度高し!

早速ちょろっと近所を走ってみた。
まず、引き回しで判る軽さ。かなり軽くなった。

そして、トルクは若干細くなった。
ノーマルは、5500からパワー感がジワジワ来て、6000回転以上でパァーーーン!ってパワーバンドに入るが、
ルーニーチャンバーも変わらない感じ。だが、6000回転からの回転上昇がノーマルよりかなり鋭くなった。
パワー感もいくらか増しているようだ。

2st車でよくある、蹴っ飛ばされるようにパワーがモリモリ出る!ってな感じでは無いが、ノーマルよりかは
パワーは出ているような気がする。
なのだが、おれっちのMVXのノーマルチャンバーはかなり糞詰まっていたはずなので、抜けがよくなって
MVX本来のパワーが出ているって可能性も無くは無い気もする、、、ι(´Д`υ)

ただ、音はサイコーです(*´Д`)ハァハァ
薄い鉄を内側から弾く音、パァーーーーンと響く排気音、コレの為に今更2st車なんぞ買ったようなもんナリ。

※09月09日追記※
動画撮ってきたのでアップしたナリ。


それと、1万回転まで回してのプラグの色はこんな感じだったナリ。
イメージ 25
ちょうどイイ焼け色なんジャマイカ?焼け色は、1,2,3番とも同じような塩梅だった。
セッティングせずにコレなので、ノーマルセッティングのままでOKな感じカモ。