TAKOBLOG

カテゴリ: 日記

先日受けたCT検査の結果を本日聞いてきた。
CT画像を見せてもらったが、やはり単純CTでは正直よくワカラン_| ̄|○

赤丸部分が、巾着袋的な脂肪腫?
イメージ 1
うねうねしてないから脂肪腫で間違いないんじゃないかな?との事。
引き続き経過観察していこうって感じナリ。

上からのスライス画像ではこんな感じ。
イメージ 2
ワカラン、、、。

それと取った癌の部分。
内側は、先日の大腸カメラ検査で問題無かったので、腸の外側をCT画像で確認。
イメージ 3
コチラもうねうねコブが出来て無いから大丈夫じゃないかな?との事。

上からのスライス画像では全くワカラン。
イメージ 4

とりあえず、再発はしていない様子なので一安心ナリね(*´∀`*)
このまま五年過ぎれば完治って事なので、定期的に検査していきまっしょい!

モノタロウで注文していた物が届いたので、先日の続き。
まずは、使えなくなったアンカーブロックの撤去。
イメージ 1

深くまで埋めてあるのかと思ったけど、めっちゃ浅かった。
イメージ 2
ほとんどただ置いただけ感が否めない。結構テキトーな仕事されてた様子ナリ。

撤去したアンカーブロックはもういらないので、レッキングクルー的に破壊して燃えないゴミでポイ。
イメージ 3

モノタロウで購入したアンカーブロック。
イメージ 4
東洋ベース社のタイガーベースってブロック。長さ500mmタイプ。エアコン室外機用なのカニ?
2個で4,085円也。
こんなブロックも通販で買えるのだから、ベンリィな世の中ナリ(*゚ー゚)

んじゃ、設置。
少しだけ掘って。
イメージ 5

平らに整地するのが面倒だったので、家に落ちてたブロック板を置いて。
イメージ 6

その上にアンカーブロックを置いて、ホームタンクを固定。
イメージ 7

このまま埋めただけでは、キタル大地震時には倒壊必須なので、ちゃんと固定するんじゃ。
型枠の代わりにレンガでせき止めて。
イメージ 8

コンクリ打つよ。
イメージ 9
小屋建てた時の余り、ドライコンクリ25kgとドライモルタル約10kg。

久しぶりにコンクリ練って、腰砕け_| ̄|○
イメージ 10
二度とやりたくないって言ったじゃん、、、。

コンクリ流し込む。
イメージ 11
こんな所見栄えは気にしないので、スコップでペンペン押さえただけで終了。
本当なら、アンカーブロックの周囲全部コンクリ打つのがベストなのだろうが、
内側だけでもまあ大丈夫っしょ。

お次は、銅管の延長。
8mm銅管3mが、2,042円。
イメージ 12

延長するのに、銅管と銅管を繋ぐカクダイ社の8mm銅管用I型リングジョイント799円を使う。
イメージ 13

ジョイントに銅管同士を接続するだけ。
イメージ 14
とってもカンタンだ!( ゚∀゚)

銅管がだいぶ余ったので、タンクが倒れてもお漏らししないよーにバネ風にまきまきして固定。
イメージ 15
8mm銅管くらいなら手で曲げられるので簡単ナリ。

ここまでが昨日の出来事。
んで本日、コンクリがちょっと固まったかな?って感じなので、レンガを撤去して。
イメージ 16

埋め戻して、完成ヽ(・∀・)ノ゛
イメージ 17
なんだかんだで2日とちょっとかかった。なかなかの労働だったナリ。
だけど、業者に頼むとタンクも定価近くで買わされるだろうし、工賃込み8万くらいかかるんじゃないカニ?
貧乏はイヤですなぁ、、、_| ̄|○

とりあえず、これでタンクだけは、おれっちが死ぬまでもってくれるカモしれない、、、。

最近家の給湯器の調子が悪い。
エラーが出まくりで再起動しまくり。
どうやら燃料にゴミが入って異常燃焼している様子。

うちの給湯器は、灯油で稼働している。都市ガスがきていないのだ_| ̄|○
給湯器の横には、北国によくある巨大な灯油タンク、いわゆるホームタンクがあるのだが、
イメージ 1
いつ設置したのかよくわからん。
給湯器は10年くらいのスパンで故障して交換されていたが、タンクは相当古いよーな気がする。
タンクの材質は鉄なので、車やバイクのタンク同様に中は錆びだらけ(;´Д⊂)
異常燃焼の原因は、フィルターで取り切れない細かい錆びの粉?が原因のようだ。

って事で、ホームタンクを交換するぞ!
お約束で業者に頼むお金がないので、自分で交換だ。
まずは、タンク内の灯油がカラになるまで給湯器を使う。
給湯器が止まるまで使ってもタンク内には微妙に灯油が残っているので、トレーなどに廃油して
新聞紙に吸い込ませて燃えるゴミにポイナリ。

タンクがスッカラカンになったら、タンクを固定しているボルトを取る。
イメージ 2
アンカーブロックに固定されているのだが、ナットが錆び錆びナリよ。

ラスペネふいてえいやっ!
2個は無事ナットが取れたのだが、、、、
1個は、アンカーごとモゲタ(;´Д⊂)
イメージ 3

最後の1個は、ねじ切れた、、、_| ̄|○
イメージ 4
アンカーブロック再利用しようとしていたが、コレでは無理だぁ、、、。

仕方がない、先にタンクの交換だけやってしまおう。
旧タンクは、200ℓ級なのでクソ重い。空なのに30kgはあるよーな気がする。
なんとか引きずりながら、家の入口までもってきた。
イメージ 5
コレどーすっか、、、。鉄くずやで引取ってくれるかのぉ、、、。
とりあえず、放置しておく。

新タンクは、コレ。
イメージ 6
ダイケンのステンレス89ℓタンク「SHT95NS」。ヤフーショップで送料込み27,858円也。
鉄タンクの方が安いが、ステンレスなら錆びに強いし長持ちしそうなので奮発じゃ!
200ℓ⇒89ℓに容量減だが、一人暮らしなんで十分ナリ(',_ゝ`)

中身はこんな感じ。
イメージ 7
ちゃんと脚もステンレスです。ボルト類もステンレスだったので好感がもてますな。
組み立ては説明書どおりに、タンク本体に脚をボルト止めするだけ。

旧タンクを撤去した場所に。
イメージ 8
設置しようとしたら、送油管として事前に買っておいた
長府製作所のフレア加工済みの銅管(送料込み2,520円)が短くて設置できず、、、。

仕方がないので、ちょい給湯器よりに設置。
イメージ 9
この場所は電気メーターもあるし、そもそも給湯器に近すぎる。
って事で、仮設置ナリ。

アンカーブロックやら追加の銅管をモノタロウで注文して本日はココまで。

昨日の大腸内視鏡検査に続き、本日はCT検査ナリ。

当初は、造影剤CT検査を行う予定だったが、
なんでも、喘息もちは造影剤で副作用が出るので出来ないと言われたナリ。
最悪アナフィラキシーショックで死ぬそうだ。
って事で、造影剤投与ナシの単純CT検査となりますた。

イメージ 1

費用は、8,840円也。

検査結果は、昨日掘って取ったお肉の病理検査の結果と共に28日に聞きます。

昨年末に一発大当たりの大腸がんを切除してから早半年。
再検査ってー事で大腸内視鏡検査に行ってきた。

カメラ予約とっていた一週間前くらいにまずは診察。
前回同様、血液検査、心電図、レントゲンをやって、下剤などなどもらって、4,660円。

昨日は、検査前食事ってーダイエットフード的なのを食べて、お腹ぐーぐー。
イメージ 1

んで本日、朝から下剤を飲みトイレに駆け込むこと数回。
2回目ともなると慣れたもんで、どーってこと無いナリね。
病院に行って、お尻に穴が開いたパンツにはき替えて、診察台へ。
麻酔かけてうとうとしてたら、ハイ終了。

前回切除した癌の場所は、こんな感じで。
イメージ 2
綺麗なもんですな。

青色レーザーだったかな?で見るとこんな感じで、メロンのスジみたいな部分が切除した証なんだってさ。
イメージ 3

んで、よく判らんが掘ってみた。
イメージ 4
癌を切除してももしかしたら内部に残っている可能性もあるとかで、内視鏡検査では判らんとの事。
なので、明日CT検査をやってきます。
この病院は町医者なのでCT機材が無く、大きな病院に紹介ってな感じ。
上記の穴開けもCT検査用の準備なのカニ?

あーそれと、前回癌とポリープの他に巾着袋のような脂肪腫?が見つかっていたのだけど、大丈夫じゃない?
と経過観察していたが、今回CTでこちらも確認する。
イメージ 5
大腸内視鏡検査の費用は、29,440円+止血・抗炎剤のお薬430円也。イテー_| ̄|○


明日CT検査やって、その結果は、28日ナリ。
問題なければ良いですなぁ、、、(=∀=)

このページのトップヘ