TAKOBLOG

カテゴリ: TMAX

車検の季節がやってきたナリ。
2年なんてあっという間だなぁ、、、(',_ゝ`)

準備をしますカニ。
まずは、バカスクマフラーからノーマルマフラーへチェンジ。
イメージ 1
毎回思うが、静かでええんだけど、クソ重い(;´Д⊂)
静かで超軽いマフラーがあればええんじゃけど、、、。

オイル交換もするナリ。
安くてそこそこの性能でって事で、今回はモノタロウの5W-40のペール缶をかってみた。
イメージ 2
20ℓもあっても使い切る前に劣化しそうだが、20ℓで9,265円とお得(*´Д`)ハァハァ

前回交換したのって、、、、前回の車検の時のよーな気がしないでもない。
イメージ 3
真っ黒ではないけど、そこそこの汚れ。と言うか、2年も放置じゃ劣化しとるだろに。

ついでに、チェーンオイルも交換。
イメージ 4
走ってねぇーから、チェーンオイルも綺麗なもんだ。
おれっちは、エンジンオイルをそのままチェーンオイルとしてぶち込んでいるので、
ここにもモノタロウのオイルを投入。
良い子はマネしないでね♪

あとは、フロントフォークからオイルがにじんでいたりしたけど、見なかった事にして
定期点検簿に記入して終了。


んじゃ、車検受けに行くんべ。
まずは、予約から。
国交省の自動車検査インターネット予約システムから予約。
前日までに予約しとけばイイんジャマイカ?

必要書類を持参し、いざ検査場へ!
1.自賠責保険証明書。
2.自動車検査票。
3.軽自動車税納税通知書。
4.定期点検記録簿。
5.はんこ
※それと書類を挟むバインダーがあるとベンリィ。

ライトステー自作とかして確実に光軸ズレてるんで、検査場行く前にテスター屋さんで調整。
イメージ 5
いつもの、八千代自動車整備工場さんでやってもらったけど、
いつの間にか値上がりして1,500円也_| ̄|○
光軸はやっぱりズレてたし、今回も微妙に光量が足らず。まあ大丈夫でしょう。

検査場に到着。
イメージ 6
検査場のすぐ外にある代書屋で自賠責の更新。11,520円也。

受付にて必要書類をもらい、書類に記入後、重量税4,600円と収入印紙代1,700円を支払い再度受付へ。
検査建屋に行き検査。
なんと一発合格ヽ(・∀・)ノ゛
光量が足りないねぇ、、、と言われたけど、なんとか突破できた。良かった良かった。

これでまた二年間乗れますな。
イメージ 7
しかし、前回車検から400Kmしか乗ってねーのな(´-ω-`)


本日のオドメーター:31,430K

いつまでも剥き出しのノーマルステップでは、なんだかイマイチなのでステップを新設して
ノーマルステップを撤去するナリ。

TMAX用のバックステップは、カスタムショップから何点か販売されているが、まあどれも
高額で無理です(゚ε゚)
しかも高額なくせに、ステップ位置の変更が出来ないものばかり、、、。

んじゃ自作すっか!って言うには、腕が無い、、、。
って事でコレ購入。
イメージ 1
MVアグスタ ブルターレ用バックステップ。アリババで、送料込み10,492円也。
なんでブルターレ用を買ってんだ?ってのは、ブルターレは、ブレーキもギアもペダルは車体側にあり、
ステップ側にはペダルが無いので、TMAXに流用するにはもってこいじゃね?って感じ。
しかもアリババで、まあまあ安い値段で売ってたし。

イメージ的には、この辺に装着できるとイイなぁ、、、(*'-'*)
イメージ 2

とは言え、TMAXにはステップを固定するボルト穴が無いのだ。
仕方がないので、カスタムショップでよく使われているココとココのボルト穴を使う。
イメージ 3

そのままでは装着出来ないので、ステーを作る。
前回のライトステー製作と同様にデンデンボルト(190円)と9mm丸棒で製作。
イメージ 4

それぞれグラインダーでギャーンと切断して溶接。
イメージ 5
切断がテキトーだったので、モリモリ溶接カッコ悪い(;´Д⊂)

こんな感じカニ?
イメージ 6

テキトーに缶スプレーで塗って。
イメージ 7

完成ヽ(・∀・)ノ゛
イメージ 8
使えるボルト穴の関係で、イメージしてた位置よか後ろで高い位置なので、正直乗りづらい、、、_| ̄|○
なので、タイトルに”仮”が付いている訳ナリね。
そのうちフレームに直接ボルト穴を設置してちゃんと装着したいもんナリね。当分先だろうけど。


どうにかステップが付いたので、ノーマルステップにはオサラバ出来る!
って事で、ノーマルステップのステーをぶった切るぞ!!
イメージ 9

こんなイランもんは、容赦無くグラインダーでギャーーーンだ!!
イメージ 10
コレで完全に後戻りできないよ。突き進むのみ。

ノーマルステップ無くなって、あースッキリしたヽ(・∀・)ノ゛
イメージ 11
リザーバータンクは、とりあえずゴミ箱にあったオランジーナで代用(;´Д⊂)
水回りもどうにかスッキリさせたいのだが、そのうちだな。
次回は、配線をどうにか、、、(´-ω-`)

先日のアンコウツーリングにて、出先でバッテリー上がりをかますと言う醜態をさらしてしまったので、
買いましたよバッテリー!
イメージ 1
思いっクソ中華バッテリーです本当にすんません_| ̄|○

せめて台湾バッテリーとか思ってたけど、乗らずにちょいちょい放置する事が多いので、
ジェルタイプがええカニ?と思って、ジェルで最安値の中華バッテリーをポチってしまった。
Yahooショッピングにて、送料込み4,560円也。

いままで使っていたのが左の純正ユアサ製GT9B-4で、右が今回買った中華バッテリーGET9B-4。
イメージ 2
日記を読み返したりメールBOXを漁ってみたけど、TMAXのバッテリーって過去に交換した形跡が無いナリ。
本当にそんなにもつのか??!って疑問だが、購入してから一度も交換してなかったらユアサすげーな。

サクっと交換。
イメージ 3
さすが新品バッテリー!
中華だろうが、元気に一発始動でありますヽ(・∀・)ノ゛
あとは、耐久力。
4年くらいはもってほしい、、、。

去年はホントガッツが足りなくてなぁーんもしなかったけど、今年は頑張ります。

TMAXのストファイ化もまったく進んでおらず、突貫工事でつけたPIAAライトもそのまんまナリ。
イメージ 1

コレ、ライトのステーがFフォークに当たるのよね、、、_| ̄|○
イメージ 2
フォークに当たってハンドルロック出来ねぇーとか笑えない状況で、めんどくさくって昨年はほとんど
乗らずにいた訳で、、、。

いろいろ危険が危ないので、ライトステーを自作する事にした。
本当はアルミでステーを作りたかったけど、アルミ棒とか微妙に高いのでとりあえず鉄で作る。
ボルトを通す穴は自分の腕で溶接するとグチャグチャになりそうなので、ホームセンターで物色。
デンデンボルトって言う良さげなボルトをゲットん♪
イメージ 3
1個190円で4個で760円也。

欲しいのは頭の部分だけなので、余分なネジ部分はグラインダーでギャーーン!
イメージ 4

ボルト通す穴4個ゲット!
イメージ 5

鉄の丸棒をホームセンターでゲットん♪
イメージ 6
9mm×2000mm で259円也。
ついでに6mmのも買ったが、今回は使用せず。

テキトーに9mm丸棒をグラインダーでギャーーーンして、
イメージ 7

溶接!!
イメージ 8
いや~TIG溶接機ベンリィだわぁ(*´∀`*)

こんな感じですな。
イメージ 9

缶スプレーで黒く塗って。
イメージ 10

完成ヽ(・∀・)ノ゛
イメージ 11
もちろんFフォークには当たらないぞ!
見た目はなんだかなぁ、、、って感じだが、将来的にはライトも変更したいと思っているので、
それまではこの不格好なまんまでイイや。

車検期限が近づいてきたので、車検してきた!
と言うか、いつかタンデムするカモ(*´Д`)ハァハァ
と定員2名のままだったけど、無理ゼッタイ!と悟ったし、車検の度にシート交換したりするの面倒だったし、
何よりストファイ化していろいろ変わったので、ちょうどイイタイミングって事で、構造変更してきたナリ。

まずは、検査の予約。
国交省の自動車検査インターネット予約システムから予約。
構造変更の場合は、所轄の検査場でしか出来んので、今回は千葉運輸支局に予約した。
数日前に予約した際には、2日は最終組しか空いてなかったが、前日夜に確認したらam10:00が空いていたので変更した。
予約一杯でも前日に確認すると吉カモ。

んで、本日。
ヘッドライトをPIAA P3000に交換したし、何だかいろいろ不安なので、事前にテスター屋で測定。
イメージ 1
今回も八千代自動車整備工場さんでやってもらった。バイクは1,000円とお安い。
光軸はやっぱりズレてた。光量も微妙に足らん様子。
150(×100カンデラ)必要な所、145だった。
光軸は、ネジゆるめてP3000の向きを変えるだけでOKだが、光量は、、、。
まあ、検査場では誤差を考慮して光量はゆるめとの噂なので、一か八かで突撃じゃ!

いざ、検査場へ!
持参する物は以下のとおり。継続車検と同じナリね。
1.自賠責保険証明書。
2.自動車検査票。
3.軽自動車税納税通知書。
4.定期点検記録簿。
5.はんこ
※それと書類を挟むバインダーがあるとベンリィ。

30分前に検査場に到着。
イメージ 2
検査場のすぐ外にある代書屋さんで、自賠責保険の更新を行う。11,520円也。

初めてでよく判らんので、受付で相談。
窓口のおじちゃんの指示に従いマークシート第1号に記載し、隣の建屋に行き必要書類&印紙を購入。5,800円也。
てほんを見ながら書類に記載。
記載したら、再度窓口のおじちゃんに内容をチェックしてもらいダメ出しをしてもらう。
修正したら、ユーザー車検窓口に行き予約番号を告げて書類を確認&押印してもらう。

さぁ、検査だ!!
検査建屋に行き、順番待ち。ドキがムネムネするナリ。(-∀-)
カウル剥いだ盗難車みたいな格好で果たして受かるもんなんカニ?大丈夫なんカニ?

検査官が来て、継続検査と同様にウインカー、ライト、ホーン、ブレーキランプの確認をした後、
おもむろにあんちょこ取り出して何やら調べている、、、。やっぱダメなん(;゚д゚)?
その後、幅、高さ、長さ、ホイールベースを巻尺で計り、ラインへ行けとの指示。

おお!OKですか?そうですか(*´∀`*)
結局カウルは飾りでしか無いって事で、カウル剥いだくらいではなんら問題無いんですな。

検査ラインへ入ったら、あとは音声指示に従ってこなしていくだけ。これは継続車検と同じですな。
心配していた光量も一発OK(*´∀`*)
最後に、車重を計測して検査完了。
イメージ 3

うっひょーーー!無問題ですんなり構造変更完了したナリよヽ(・∀・)ノ゛
イメージ 4
定員2名⇒1名に。
車両重量は、220kg(前軸100kg、後軸120kg)⇒200kg(前軸90kg、後軸110kg)になった。
200kgは切れなかったが、マフラーをバカスク仕様に戻せば200kg切りますな。
高さは123cm⇒106cmに低くなり、なぜか長さが223cm⇒212cmに変わった。幅は変わらず77cmのまま。


車検無事通過で、これで心置きなくフレームのステーをブッタ切れますな( ゚∀゚)
帰宅後、すぐにバカスクマフラーに戻して終了。
イメージ 5
ストファイ化の続きをやっていきたいが、そろそろノーブルの修理をせねばならんので、
ノーブルの車検が通るまでTMAX弄りはお預け。

このページのトップヘ