TAKOBLOG

カテゴリ: TMAX

車検の季節になったので、準備をするナリ。

純正マフラーを装着。
イメージ 1
すごく静かなんだけど、糞重い(;´Д⊂)
7kgは重すぎ。

んで、オイル交換。
前回いつ交換したんだっけ??って2年前の車検の準備以来してなかったわΣ(゚д゚|||)
全然乗ってないもんなぁ、、、。休みが少なすぎるんだよな_| ̄|○
オイルは、いつものSUMIX GX100を投入。ジョイフル本田で、3,480円也。
イメージ 2
ついでなので、オイルフィルターも交換する。
TMAX用フィルターはちょい高いので、今回もユニオン産業のUA3を流用。以前買いだめして家にあったナリ。

ドレンからオイル抜く。
イメージ 3
まだまだイケそうな感じだけど、2年物だしね。

んで、今回もチェーンオイルに余ったSUMIXを使うってんで、チェーンオイルも抜く。
イメージ 4
走ってねぇーからほとんど汚れて無いね。

チェーンオイルの交換の度にカバー取るの面倒なので、このカバーもういらね。
イメージ 5


あとは、定期点検記録簿書いて、車検の準備完了。
明日、車検場行ってくる。


本日のオドメーター:31,039K

車検の時、メーターがタイラップ留めだと指摘されそうな予感なので、ちゃんと?固定する。
Amazonでミノウラのスペースマウント(SM2229-2)を購入。695円×2個。
イメージ 1

それを、メーターのボルト穴にM5のボルトでスペースマウントに固定。
イメージ 2

んで、ハンドルにパチン!と固定。
イメージ 3

まったくもって見辛いが、これでちゃんと固定されているからまあ大丈夫でしょ。
イメージ 4
そのうち社外のちっこいメーターに交換したいもんですな( ´ー`)y-~~

カウルはいでミラーが浮いていたが、メーターが寝たせいでさらに浮いて見えるようになったので、
イメージ 5

以前から交換したいなぁ、、、欲しいなぁ、、、と思っていた、デイトナのホリゾンタルミラーを買ったナリ。
イメージ 6
定価5,600円もするからして、しかも、片っぽだけでですよ(;´Д⊂)
無駄に高いから今まで手が出なかったのだけど、ヤフオクで2個セット5,000円で出てたのでポチっとな。

そのまま付ければいいのだけど、この部分のステンレスボルトって錆びるんよね( ´_ゝ`)
イメージ 7
電蝕ってやつですカニ?

って事で、せっかく安く買ったのに、無駄にチタンボルトをゲットん。
イメージ 8
M8の25mmキャップボルト749円とM10の20mmキャップボルト855円を2本づつで、3,208円也。
あいかわらず、アホですな、、、。
いちおう重さも計っておいた。M8が14.4g⇒8.2gに、M10が22.1g⇒12.9gに、、、どーでもいいな( -ω-)

んで、付けてみると、あーカッコイイ(*´Д`)ハァハァ
イメージ 9
ストファイっぽく見えるよーな気もしてきた。まだまだ先は長いけど。

にょきっと飛び出てたのが、スッキリしたナリ。
イメージ 10

ただ、ミラーを水平に寝かせてるとまるっきり後ろが見えないので、斜めにした。
イメージ 11
カッコウは水平の方がイイんだけど、後ろ見えないんじゃ仕方がないナリね。


さぁ、次の休みは車検の準備じゃ!

連休ゲットんしたので続きの作業。
ヘッドライトを付けるナリ。

ヘッドライトは、以前別件でヤフオクでゲットしてたPIAA P3000を使うナリ。ズーマーとおそろいだな。
イメージ 1
たしか4,000円で買ったと思う。
ストファイの定番と言えばプロジェクター2灯だろうけど、あえて角目で。

ただ、P3000をそのまま付けると暗いので、ついでにHID化する。
P3000のバルブはH3なので、H3の55W HIDをAmazonでゲットん。5,980円也。
イメージ 2

早速P3000を分解。
イメージ 3
+ネジ4本抜けば簡単に開く。

ハイ/ロー両方のH3ハロゲンバルブとポジション球を抜く。
イメージ 4

H3のバーナー。
イメージ 5
何だかH3ハロゲン球に比べて、全然大きさが違うのだが、、、。

ロー側は入った(',_ゝ`)
イメージ 6

ハイ側は、、、無理ゼッタイ(;´Д⊂)
イメージ 7
案の定長すぎて、思いっきりライトのガラスにぶち当たってるナリ。
ライト内側の奥行を計ってみたら33.14mmで、買ったバーナーは40mm、、、ダメじゃん。


って事で仕切り直し、、、。
H3Cショート35Wのバーナーを楽天でゲットん。6,330円也。
イメージ 8
バラストは上記のを流用するのでバーナーだけのを買ったのだが、バーナーだけなのにめちゃくちゃ高い('A`)

たしかに小さい。
イメージ 9
※左:ハロゲン球 右:H3Cショートバーナー
ハロゲン球よりも小さい。これなら問題なく入るね( ゚∀゚)

んで、はめてみた。
イメージ 10
入ったヽ(・∀・)ノ゛
って簡単に入った訳でなく、バーナーの白い台座部分が微妙に大きく、リューターで削ってようやく入った。
なんでこうもすんなりいかんもんなのか。
ロー側はH3バーナーを、ハイ側はH3Cショートバーナーを装着した。あまったバーナーは予備に出来るしね。
ポジション球には、ついでなのでT10のLED球をいれといた。

ヘッドライトは、アッパーカウルステーを固定していたフレームに装着する。
イメージ 11

P3000のライトステーをフレームの穴に装着。
イメージ 12
ライトステーのボルト穴が小さかったので、ドリルでグリグリもんで穴拡大してから装着。

ライト装着ヽ(・∀・)ノ゛
イメージ 13
とりあえず、これで走れるようにはなった。
ちなみに、P3000の重さは412g。
計ってはいないが、17kg減って1kgも増えて無いなら車両重量200kg切ってるんジャネ?
これで560ccにすれば、かなり理想に近づく気がする(*´Д`)ハァハァ

メーターがハンドルにタイラップ留めとか、配線がグチャグチャのままだけど、おいおいやっていこう。
イメージ 14

ちょろっと近所を走ってみた。
フロントがめっちゃ軽くなって非常に軽快(*´∀`*)
カウルがなくなって、風圧がモロ。寒い(-∀-)
ビッグスロットル&スポンジフィルター化したのに、空燃比がフル加速時11だったΣ(゚Д゚)
いままでどんだけ濃い設定で乗ってたんだっ!って感じ_| ̄|○
やはり素人の感覚セッティングは、ダメナリね。

セッティングもおいおいやっていく感じで。

ストファイ化の続き。

エアクリBOXを撤去してパイパークロスのソックスを装着したが、忘れてならないのがこのホース2本。
イメージ 1
1本は、スロットルボディーからエアクリBOXに繋がっているスロー系の吸気用ホース。
もう1本は、エンジンヘッドからエアクリBOXに繋がっているブリーザーホース。

スロー系の方はパイパークロスにぶっ刺そうとも思ったが、手っ取り早くもう1個フィルターを付けることにした。
Amazonで入口内径12mmのエアフィルターをゲットん。240円也。
イメージ 2

直接スロットルボディーのスロー系口に装着。
イメージ 3
なんだか不格好ナリね、、、('A`)

ブリーザーホースの方には、ラジコン用エアフィルターとついでにワンウェイバルブも装着する。
Amazonでテトラの内径9mmエアフィルターが864円、ワンウェイバルブが2個入りで430円也。
イメージ 4
ワンウェイバルブでなんちゃって内圧コントロールな感じカニ?
と言うか、ブローバイ大気開放で水分が入ってこないようにしたいだけなんだけどね(´_ゝ`)

ブリーザーホースを容赦無く途中でブッタ切り、ワンウェイバルブを中間に装着。
ホース末端にエアフィルターを接着剤でくっ付けた。
イメージ 5

とりあえず、タイラップでとめて完成ヽ(・∀・)ノ゛
イメージ 6
春に車検があるので、問題無いと思うが車検が無事通るまで仮設置ナリ。
ストファイ形態でも車検が通る事が判るまでナリ。それまでは、元に戻せる状態をキープ。

今日も引き続きTMAXイジり。
ビッグスロットルも入れたので、一緒に空燃比も見れるようにするんよ。
昨今は、ワイドバンド空燃比計も安くなってきて、3万ちょいで買える。
オートゲージ製のなら1.5万くらいで買えるが、空燃比計には精度をちょっとだけ期待したい。

精度とか言っておきながら、それでも貧乏人には新品はキビシイので、Crooooberで中古をゲットん!
イメージ 1
イノベートのLC-1とXD-16セット品(3781)。GRIDの正規品ナリ。送料込み14,900円也。
既にLC-1は旧型で、現行はLC-2になっているが、主な性能はLC-1とLC-2で変わりなく、
LC-2は本体がコンパクトになってUSBがついたってだけなので、LC-1で十分ナリ。

LC-1を装着するには、ノーマルのO2センサーを外し、その空いた穴にLC-1のセンサーを刺す。
ノーマルセンサーとの比較。
イメージ 2
※左がノーマル、右がLC-1のワイドバンドセンサー(BOSCHのLSU4.2)

ノーマルO2センサーを外すとECUがトチ狂うので、O2センサーキャンセラーを装着する。
O2センサーキャンセラーは、ヤフオクでTMAX530用として売ってたのを4,000円でゲットん。
イメージ 3
※上がノーマルセンサー、下がキャンセラー。台湾製ですな。
カプラーはノーマルセンサーと同じなので、そのままさし変えるだけ。
ノーマルのO2センサーはどうせナローバンドなので、ヤマハ車ならどれも共通なんじゃないんカニ?
少なくともシグナスとTMAXは共通で、キャンセラーも共通だと思う。多分大丈夫だと思う、、、ι(´Д`υ)

そもそも、LC-1にはノーマルO2センサーを外した際のECUエラーを回避する為の配線があるのだが、
ちと設定が面倒なので最初はキャンセラーでサクっと装着するナリ。

んで、LC-1を装着。
イメージ 4
場所は、雨に濡れないようにシートカウル内に設置した。

そんなに頻繁に使わないけど、センサー校正用スイッチとしてキジマのプッシュスイッチ(304-6251)を購入。
イメージ 5
Amazonで1,879円也。

以前買って余ってたLED電球の配線と一緒にして、ハンドルにくっ付けた。
イメージ 6
本来スイッチもLEDもXD-16があれば必要無いのだが、将来的にはXD-16ではなくもっと簡素なメーターにする
つもりなので、最初っからスイッチをつけておくナリよ。

なので、XD-16は仮設置って事でテキトーなネジ穴に固定。
イメージ 7
XD-16は、スイッチも内蔵しているしデジタル接続で情報としては速くて判りやすいのだが、
チカチカ光って目障りなんよね、、、('A`)

装着完了ヽ(・∀・)ノ゛
って事で、センサー校正を行い、エンジンかけてみた。
イメージ 8
中古なんでセンサーの故障が怖かったが、問題無いようだ。
アイドリングで12.8前後。

いちおうLC-1でもPCでログが取れたり、いろいろ設定したり出来るので、PCへソフトをインストールした。
イメージ 9
ソフトは、ココからダウンロード出来る。
ソフト(LogWorks)は英語表記だが、GRID正規品なら日本語化パッチを使ってもイイらしい。

ただ、LC-1にはUSB口が無くシリアル接続な為、RS232C→USB変換アダプタをAmazonでゲットん。
イメージ 10
999円也。

んでLC-1に接続し、LogWorksを起動!
イメージ 11

画面はこんな感じ。
イメージ 12
ハッキリ言って、回転数とかのデータが無ければ、ログを取っても意味が無いんだよね、、、_| ̄|○
回転数とかのデータを取得するには、上位機種のLM-1とかLM-2とかでなければ無理なので、
そこまで本格的に金かけてやるのは、おれっちには無理ナリね。

とりあえず、これで自分の感覚的なあいまいな燃調では無く実測値を見ながら燃調出来るので、
エンジンぶっ壊す事も無いだろうし、ちゃんとまともなセッティングが出来るはず!たぶん、、、。

このページのトップヘ