TAKOBLOG

カテゴリ: サンバー

サンバーの車検ナリ。今年も近くのスバル屋にお世話になってきた。
イメージ 1

通勤手段がサンバー⇒キャビーナになりほとんど乗らなくなった事で、今回タイヤの交換無し。
交換したのは、エンジンオイル、ATF、エアクリくらいで、あとナンバー灯が切れてたので交換したくらい。
イメージ 2
総額80,790円也。前回よか安くなった(=∀=)
今回もまた、エンジンベルトの交換はしなかった。

しかし、まさかこんなにもサンバーに永く乗るとは思ってもみなかったナリね。
大きな故障も無く、室内広くて荷物やバイクも積めるしベンリィ。
サスがヘタってガタガタだが、金も無いし買換え当分無いな。


本日のオドメーター:129,306K

本日車検って事でサンバーを車屋に預けたら、その日のうちに検査終わったナリ。早いなぁ。

12万km超えてるし、日ごろのオイルメンテが適当なのでバリバリオイル漏れてるしオイル燃えてるしで、
雑に扱ってるサンバーだけど、全然壊れる気配ナシ。
車検も問題無く通過したナリ(・∀・)

交換したのは、ドライブシャフトブーツのみ。
イメージ 1
切れてたので交換。13,000円×2個。

あとは、オイル交換とATF交換して終了。
総額95,610円也。まだまだイケる!
次回の車検の際は、ベルト類の交換必須ナリね。


本日のオドメーター:122,693K

車検の期限が来月に近づいてきたので、スリップサイン出まくりのつるつるタイヤとバッテリーを交換したナリ。
毎回今回の車検で最後と思いつつ、まだまだサンバーには頑張ってもらう所存です。

バッテリーは、今回も古河のFESTAで2,980円也。
イメージ 1
このバッテリーはうんこバッテリーで、前回交換した際はいきなり電力低下を食らったけど、
今回は大丈夫そうな気配。まあ安いから期待はしちゃダメ。

んでタイヤだが、当初ナンカンとかケンダでやすーーくあげようとしたのだが、近所の激安タイヤ屋では、
サンバーのサイズ165/70R13のサイズを置いて無かった。
通販で購入となると、無駄に送料がかかって割に合わない。
通販最安でナンカンが2,490円/本+送料1,080円だった。
Amazonで横浜ECOS ES31が送料無料で3,945円だったので、どーせならと横浜を購入。4本で15,480円也。
まさか、タイヤまでAmazonで買うとは、、、Amazonへの依存度が高すぎるナリ、、、。

本日到着。
イメージ 2
安いので、横浜と言えども海外製ちゃうの?
と思ってたが、ちゃんと"Made in Japan"表記だったナリ。

なら、古い在庫タイヤちゃうの?
イメージ 3
2015年30週製造って事で、出来たてホヤホヤだったナリ。
これだから、Amazonから抜け出せ無いんだー!

近所の持込み交換OKの自動車カスタム?屋にもっていき交換。
イメージ 4
工賃は、交換費1,080円、廃タイヤ代325円、バルブ代250円の4本分で6,620円也。
結局、15,480+6,620円=22,100円と、安いんだけど微妙な値段に落ち着いてなんだかなぁ('A`)
近所の激安タイヤ屋でサイズがあうのが在庫であればベストなんだがなぁ、、、。仕方がない。
給料出たら、車検だな。


本日のオドメーター:121,965K

今回も無事車検完了した。
前回約19万円と気を失ったが、今回は83,895円と通常料金に戻った。
コレならあと2回くらいイケるか?!
次のエンジンベルト総交換が必要になるまではイケかな。
頑張れサンバー!

ちなみに、今回プラグを交換したのだけども、これには噴いたナリ。
イメージ 1
こんな状態のプラグだとアイドリングが不安定になるというのが実感できますた。

ほんと車は、乗りっぱなしだなぁ、、、。
こんなんでも普通に乗れてしまうのだから、日本車って凄いな。


本日のオドメーター:99,159K

ポジション球が片方切れたので、どーせならLEDにすんべ。
と買ってみた。
イメージ 1
T10 31mmヒューズ管 3chip SMD 6連×2個:980円
T10 ウェッジ球 3chip SMD 6連×2個:1280円
T5 ウェッジ球 開花型 FLAX 3連×5個:880円
で合計3140円ナリ。通販だとLED電球も安いナリね。

早速交換。
まずは、マップライト。
マイナスドライバーでコジコジするとカバーが取れる。
イメージ 2
電球は、T10 31mmヒューズ管だ。

そこに買ったLEDをぶち込むだけ。
イメージ 3

まぶしいナリ。
イメージ 4

上が変更前、下が変更後。
イメージ 5
電球色だったのが、真っ白な光になってスッキリ見える。
カバーをかければ、まぶしさも問題なく丁度イイ感じだ。

同じ要領で、ルームライトも交換。
イメージ 6


次に、ポジション球交換。
とは言っても、プラスドライバーでネジ取るだけ。
イメージ 7
電球は、T10 ウェッジ球。

T10 ウェッジ球を抜いて、LEDを差し込むだけ。
イメージ 8

変更前は電球切れてたので写真無し。
昼間と夜間で撮ってみた。
イメージ 9
サスガLEDですな。夜間の視認性抜群ナリ。
ポジション球としては、上出来。
あとは中華LEDの宿命、寿命がどんだけもつかと言った所ナリね。

このページのトップヘ