TAKOBLOG

カテゴリ: GO-PED《嫁行》

金欠の為、GO-PED身売りしました。
イメージ 1

カスタムして自己満足した後、たいして乗ってもいなかったのでイイんですけどね。でも、少しさみしい。
実際、使い道がなかったのが敗因です。
購入時は、イロイロ使い道を想定していたけど、全くもって使わなかった。

ミイラのようにプチプチシートに包まれて宅配業者の営業所まで持っていって、はいさようなら。
イメージ 2
新しいご主人様に愛されることを祈るばかり。

売却資金は生活の足しにするのと、GO-PEDの代わりになるもっとおれっちが使えそうな乗り物を購入する
予定です。と言うかすでに物色中。

わが物欲は永久に不滅です。

注文していたADAのハンドルが到着したので装着。
イメージ 1
アクセル、ブレーキケーブルの長さが足りずギリギリだが、なんとかついた。
そのうち、アクセルケーブルは、ビックフット用に買い換えよう。

ハンドル折りたたむとこんな感じ。
イメージ 2
これで、ひとまず完成だ。

完成って事で走らせてみた。
ADAハンドルは、純正ハンドルより幅が広い為安心して走行できる。
イイ感じだ。

んで、調子こいてウィリィーだ!こんにゃろー!とハンドルを引っ張ったら、、、、。
気がついたら空を向いていた。手から流血。
いい歳こいて調子こいちゃだめぜったい!

完成し速攻で傷が入ってしまった。
あとなんか、腕がとても痛い。骨は折れてないと思うけど、、、、大丈夫か?これ。

GO-PED熱が再燃したので、危険な感じだ。

中古で買った当時からK&Nフィルターが装着されていたのだが、これがもうOILと泥でベットベト。
空気の吸込みも悪かろうって事で買い換える事にした。

GO-PED用の社外エアクリでは、キャブにアダプターを装着し、そこにエアクリを付けるのがほとんどだと思う。
K&Nフィルターのアダプターは直径44.4mmだった。他社も似たり寄ったりだろう。
44.4mmだと、モンキー用としてよくバイク用品店で見かける。
今回は、三国TM24キャブ用のアミを買ってみた。3,700円。先にハンドル買え!って感じだな、、。

K&Nと買ったアミ。
イメージ 1

K&Nを取って。
イメージ 2

アミを付ける。
イメージ 3

どんどん盆栽化してますよ。

昨日の続き。

アクセルレバーとアクセルワイヤーとを繋ぐボルトを2輪館に見に行ったが、サイズが合うボルトが
見つからず、仕方が無いので自作した。
これが失敗だった。

手元にあったバイクのブレーキホースジョイントボルトを使う。
イメージ 1

こいつを電動ジグソーで切れ目を入れて、リューターで綺麗にする。
イメージ 2

これをアクセルレバーに装着し、ワイヤーを着けようとしたところ、うまくいかず。
ワイヤーのカバーを切り詰めなんとか装着。
だがこれが原因で、エンジンをかけてもすぐエンストするようになった。

GO-PEDはアクセルワイヤーに通電しキルスイッチまで繋げる構造になっているが、ワイヤーのカバーを
切り詰めた事により漏電しエンストしている事が判った。

とほほ、、、、。また、おイタしちゃったよ。
買ったばかりのワイヤーをオジャンにしてしまった。

仕方無いので純正アクセルレバーとワイヤーをタイラップ留めで装着し、エンジンかける。
問題なくかかり、アクセル開けてもエンストしなくなった。
何とか乗れるようになったので、暫定仕様だがひとまず完成って事にしよう。
イメージ 3


重たいおれっちを乗せて一生懸命坂を登る姿が愛らしい。
http://video.mixi.jp/view_video.pl?owner_id=17417948&video_id=5349670

アクセルレバーとワイヤー、ハンドルを買えば完成になるけど、、、。金が無いゾヨ。

今日も懲りずに続けるゾヨ。

ガソリンタンクとワイヤーとX-PED用スライドデッキを装着して完成だー!
のはずだったのだが、、、なかなか許してくれません。

アクセルレバーのボルトやらスライドデッキのボルトやら、なんかバネやらが足りない。
2輪館とホームセンターにGO!だ。

と、その前に、やはりここまで来たからには、はやる気持ちを抑えられないってもんでして。
タンクつけて混合ガソリン投入して。
イメージ 1

ひたすら、スターターの紐を引く!引く!引く!引く!さらに引く!

ぷぉーん!
かかりました。ああ、よかった。
感動だなぁ。機械イジリの気持ちが高ぶる瞬間ですな。
さすが草刈機のエンジンですわいな。放置しまくりでもあっけなくエンジンかかってしまう。イイ!


タイヤの回転がシブめ。3rdベアリングの動きがシブイ為だ。
まあ、乗っていればよくなるだろう。と思いたい。

今日は足りないパーツを買ってきて終了だ。

このページのトップヘ