TAKOBLOG

カテゴリ: 大型二種免許《完》

バス会社に入社し、約一ヶ月間の研修後、めでたく一人で営業乗車(独車)となった。
教習所に通い始めてから約8ヶ月間でバスの運転士だ。
イメージ 1


人様の命を預かっている職業の割には何だか早いような気がするが、規制緩和の影響で
どこもこんなものなのだろう。世知辛いったらありゃしない。

未経験の新人の通る道なのか、おれっちももれなく事故ってしまった。ああ、、、。
独車開始して数日での事故だった。左ミラーが恨めしい。
幸い物損事故だったが、本当に申し訳なく自分が情けなくなってくる。

未経験でバス運転士を目指している方は、気をつけてください。
独車になって浮き足だっている時が要注意だと思う。
何かに失敗(金庫操作に失敗、お客に何か言われた等)したあと引きずっていると、危ない!

お客さんは運転士を選べないので、早く自分が一人前になれる様、精進あるのみだ。

この日記コーナーはこれで終了。
最後に実際にバスの運ちゃんになっての感想を書いておく。
○良い点
・運転が好きな人なら、好きな事で金を稼げる。
・仕事のための勉強をしなくて済む。
・体力に自身がなくてもやっていける。
・休憩時間は何やってもOK。昼寝しまくり。
・まだまだ無くなりそうにない職業なので将来は安心かも。
・自分が交通機関の一部となっている事に多少なりともヤリガイを感じる。

×悪い点
・給料は安め。
・拘束時間が長い。朝は早く夜は遅い。
・車外・車内両方の事故リスクがある。営業中は、極度の緊張・集中力を伴う為、精神的に疲れる。
・公共交通機関の為、土日祝日などの概念が無く、休みはシフト制。しかも休み自体少ない。
・いろんなお客さんがいる。
・大きな事故したら人生終了。


まだまだ入社したばかりだが、今のところ転職して良かったと思っている。
何しろ、毎朝「会社行きたくねぇー」と葛藤していたのが嘘のように、目覚まし一発で起きれるんだ。

7月末に免許を取得し、運転記録証明書を8月初旬にGETし、すぐに履歴書を近辺の数社に送付。
イメージ 1

夏休みを利用し入社試験を受験、先日めでたく内定を頂いた。

んで、現在の会社の上長に退社の事を話してきた。
長らく働いてきた会社なので、なんとなく寂しくも思ったり感慨深いなぁ。

入社試験は、以下のとおりだった。
(1)書類選考
(2)面接
(3)実技試験
(4)クレペリン検査
(5)健康診断

実技試験で初めて、本物の路線バスを運転した。
中型のバスだったが、めちゃくちゃ緊張した。
ドアの開閉も行ったが、スイッチ→ぷしゅーってな感じに、感動した。

履歴書送付から内定を貰うまで、約一ヶ月間だった。
来年には、バスの乗務員として街を走っているんだなぁ。しみじみ。

会社休んで千葉幕張にある運転免許センターまで行ってきた。
イメージ 1

駄目元で昨晩は、一夜漬だった。
問題集で模擬試験をやっていたが、どーしても90点前後になってしまう。
86点、94点、、88点、、、。ああ、、、。
ひっかけ問題にまんまとひっかかっちまう。とほほ、、、。
ココまで来ると、合格は運だな。

免許センターには、朝08時に到着。眠い。
平日だと言うのに凄い人だかりだ。
特に若いおねぇたんが多い。夏休みの学生さんですかねぇ。

09時に試験を行う教室に入る。
普通、二輪、普通二種、大型二種みんな同じ教室だった。
マークシートの書き方等の説明の後、試験開始。

う~む。
敵の罠にはまらないように、問題をゆっくりじっくり読んで解いていく。
勉強の成果か、まあまあ良く出来た。
あれ、大丈夫じゃまいか?と思えたが、罠にはまっている可能性もアリな訳で、、。
50分後、試験終了。
時間をかけて問題を解いていったせいか、見直す時間がほとんどなかった。

合否の発表は、お約束の電子掲示板だ。ああ、ドキドッキンコ。
ド、ド、ド、ド、ド、ド、ド、ド、ジャン!

合格!!
イメージ 2

うっひょあー!やった!やったよ、かあちゃん!
本番に強い子だったんだよ、おれっちは。

学科合格後は、視力検査を行い、写真撮影して新免許が配布される。
深視力が心配だったが、意外な事に1発OKだった。

んで、免許はレベルアップした。
イメージ 3

"大二"が追加となったんだな。

ついでという事で、免許センター建屋の裏にある二輪試験棟に向かう。
イメージ 4

二輪試験棟の中にある「自動車安全運転センター」にて運転記録証明書の発行を申請してきた。
イメージ 5
運転記録証明書は、1枚700円だ。約1週間後に郵送で届くとの事だ。

4月頭から大型二種免許取得を目指してきたが、ようやく取得する事が出来た。
長いようで短いようで良くわからないが、ようやく休日はまったりできるな。

これで、バスでもトラックでもタクシーでも、運転出来る。うれしい。

今日は、卒業検定だ。
これ以上びた一文払わんぞ!こんちくしょー。

本日一緒に大型二種の卒業検定を受けるのは、おれっち含めおっさん4人だ。
2人で1組になり、1組ずつ検定を行う。
1人が後ろに乗り1人が検定をするというやり方だ。

出来れば、心の準備があるので後に検定をしたいなぁ。
と思っていたら、1組目1人目だった。なんで?こんな所で引きが強くなくても、、、。

おれっちの相棒は、芸人の"おにぎり"似な方だった。
まあ、そんな事はどーでもいい。
いくぞ気合だ!とにかく金がねぇーんだよ。

今日の検定は、場内は鋭角と縦列駐車だった。
イメージ 1

先週のみきわめで、コテンパンにされた鋭角。
どうにか切り返し3回で抜けれますように、、、。極低速で進入。無事クリア。
うっひょー!これで場内はもうバッチリチリバツじゃー。

次、縦列駐車。
微妙に左路肩との距離が足らないかなぁ、、と思いながら進入。
、、、、、。
左リアタイヤが、縁石に、、あ、、あ、、あたる!、、、あたった。
減点だ。やっちまった。
教習し始めて3ヶ月経つが、こんなミスは初めてだ。
き、、き、切り替えします!
テンパリながら乗り上げる前に切り替えし、何とかクリア。

どよ~ん。何やってるんだ、、。

場内検定が終わると路上に出て、仮想バス停停止を3ヶ所実施しながら20分ほど走行。
仮想バス停停止は、珍しく無事に停止する事が出来た。
が、左路肩をふらふら走るジジイのチャリンコに手間取り、早く行け!と検定官に言われる。
あうー。

後は無難にゴールまで到着し、おにぎりさんと交代。
交代の際、検定官から一言。「巻き込み確認が何度か抜けているぞ。」
お、、終わった。こりゃ駄目だよ落ちたよ。

教習所に戻り、2組目の検定開始。
2組目の検定が終わるまで待機。もんもんとする。

2組目の検定を観客としてぼーと見ていたら、2人目の方が鋭角で一発中止を食らっている。
あわわわ、、、。
みんな緊張してるんだよね。

2組目の検定終了後、合格発表まで待機。早くトドメを。

30分程経ち、合格発表。
ド、ド、ド、ド、ド、ド、ド、ド、ジャン!

合格!!

うっひょあー!やった!やったよ、かあちゃん!
本番に強い子だったんだよ、おれっちは。

点数は教えて貰えなかったが、ギリギリだ。との事。まあ合格してしまえばこっちのもんだ。
4名中、一発中止の方以外の3名が合格となった。
自然と握手を交わすおっさん3名。

無事卒業出来ました。
イメージ 2
4時間オーバーで卒業できた。
卒業証明書と交換で、約4万円払ってきた。
おにぎりさんは、20何万円とか言われていたが、一体どういうことなんだろうか?

近いうちに、会社お休み貰って免許センターに行ってこよう。

17日目。

今日は、二段階の技能教習残り1時間とみきわめだ。
1時間は、みきわめの練習=卒検の練習という感じだな。

卒検では場内で、鋭角,方向転換,縦列をやるそうで、それを復習。
ここのところ鋭角では、なぜか切返し3回でしか曲がれなくなってしまった。
何かが違うのだが、思い出せない。
方向転換も微妙。縦列も寄せ切れなかった。
路上でも、お約束で仮想バス停への停止に失敗。なんだかボロボロだ。

んで、みきわめの時間。
なぜかみきわめが最初から2時間予約されていたが、気にしないぞ!気張るぞ!

鋭角、、、、失敗。切返し3回でも足りず、4回切返し。
方向転換、、、、失敗。脱輪。もうこのころには、汗が滝のように流れる。
縦列、、、、なんとかクリアー。でも、、もう駄目。終了だ。
路上に出て、バス停、、、、失敗、ズレた。前方不注意のおまけ付。

本当にありがとうございました。
ああ、、、これを見越して2時間予約されていたんですね!とほほほほ、、、、。
みきわめ不良で、これで計4時間オーバーとなった。4万円。

みきわめ2時間目。
前の時間でやっちまっていたので、ぎりぎりだったけどクリアーした。
みきわめ良好の判子貰えました。
イメージ 1

来週とうとう卒業検定だ。
でも、少しばかりの自信も砕け散り、合格できる気がしない。

しかし、卒検不合格かますと、補習1時間+再検定代金で2万円が飛ぶのだ。
泣きたくなってきた。

このページのトップヘ