TAKOBLOG

カテゴリ: ズーマー《嫁行》

CVK30には、オートチョーク機能がついている。
チョークってのは、空気の吸気量を絞ったり燃料を増やしたりなどして、冷間時のエンジン始動を
しやすくするってー機能なのはご存知のとおり。
オートチョークは、名前のとおりこの機能を自動的にやってくれる便利な機能だ。

なのだがこのオートチョーク、壊れやすいのが玉に瑕。
ぶっ壊れると、いつまで経ってもアイドリングが安定しない。
おれっちのCVK30は、たぶんに漏れず壊れてしまっていて、チョークなんてエンジン始動して
1分、2分くらい効いてくれればいいだけなのに、10分、20分経っても効きっぱなし。
過保護すぎ!

こんなおっせかいなオートチョークは、キャンセルしてやる!

まずは、CVK30を車体から外す。
イメージ 1
赤丸部分が、オートチョーク。

黒いカバーを外す。ツメで固定されているだけなので、取るのは簡単。
イメージ 2
カバーを外すとオートチョーク(プランジャスタータ)本体が出てくる。

オートチョークは、+ネジ1本でキャブについている。これを外す。
オートチョーク本体はこんな感じ。
イメージ 3
針みたいなところが、ジェットになっている。
この写真は、チョークが効いた状態。
オートチョーク本体には、通電により徐々に膨張する素材が入っている。
エンジン始動後に通電され、膨張した素材に押される事でジェットが徐々に伸びてくる。
伸びたジェットにより、キャブ側のチョーク穴が塞がり、チョーク用の燃料の供給が遮断されるという仕組みだ。

本体は、ネジ式となっており、分解するとこんな感じ。
イメージ 4
ネジは異常に硬かった。プライヤーが無いと無理カモ。

配線を抜く。ゴムではまっているだけなので、手で抜くだけ。
イメージ 5
赤丸部分が、通電で膨張する素材。
この配線と膨張素材はイラナイ子なので、破棄。

グルーガンを投入し、膨張した素材と同じ高さになるまで入れる。
イメージ 6
目分量で。

グルーガンだけでは硬さに心配があったので、そこらに落ちていた角ボルトを3枚投下。
イメージ 7
グルーガンが硬化する前に入れるんよ。

こんな感じ。カッチカチ。
イメージ 8

あとは、逆の手順で組み立てる。
イメージ 9
ジェットが飛び出た状態になっている。バッチリ!

キャブに取付ける。
イメージ 10
配線は抜いたままだ。


チョークのキャンセルにより、冷間時のエンジン始動にはコツがいる。
エンジン始動前にアクセルを数回開け閉めし、加速ポンプで燃料をエンジン内に入れる。
これがチョーク代わりになる。
アクセルを1/6ほど開け、セルを回せばエンジンはかかる。
あとは、エンストしないようにエンジンが温まるまでアクセルを保っておけばOK。

始動にコツがいるが、今までいつまで経っても4000回転から下がらなかったが、エンジン始動後すぐでも
アイドリングが2000回転弱で安定している。
これで、いくらか燃費もよくなるナリ。


ついでに、メインジェットの交換も行った。
お古のプラグを刺して、見てみたところ。
イメージ 11
白いよ!真っ白だ。
薄いですね、そーですね。
ということで、メインジェットを110⇒115に変更した。

試走するかと思ったが、あまりの寒さに断念。
次回の休みの日にでも確認してみる。

先日のツーリングで、修理後の走行距離が300キロ超えて慣らし終了ってことで、燃調の確認とOIL交換をする。

走っていて特に問題なさそうな気配だが、いちおうプラグの焼け色を確認する。
アクセル全開→全閉→エンジンSTOPで見てみた。
イメージ 1
良くわからない、、、。
イリジウムじゃ判りづらいなぁ。
なので、古いノーマルプラグで試してみるかの。
工具箱を漁るも、お古のプラグが見当たらない。
うーむ、、、寒いので、この件はまた今度に。

んで、慣らし終了の儀式としてOIL交換をするのだ。
イメージ 2
写真では判りづらいが、前回とは違い、ギラギラとした金属色のマーブル模様はほぼ無くなっている。
OILの色は、汚れてはいるが、前回のようにまっ黒では無くなっている。
うむうむ、削り終わったのじゃろ。

OILは、今回も貧乏人の見方、SUMIXを投入。
イメージ 3
後ろの苺水パックは、廃油処理用。

これでようやく普段使いが出来るようになったナリ。

今日はお昼で仕事が終わったので、ズーマーのオイル交換をした。
ついでに、いつ交換されたか判らない、ギアオイルも交換だ。

今回使うオイルと計量カップ。
イメージ 1
エンジンオイルは、安いわりにはお主ナカナカやりおるなと評判の住商石油謹製SUMIXオイル。
ジョイフル本田で激安ナリ。
ギアオイルは、ヤマハのドライブシャフトオイルを使う。
計量カップは、ギアオイルの計量用。100均で買ってきた。

まず、数分間エンジンを暖機。
最初にギアオイルを交換する。

ドレンボルトを取って、オイルを抜く。
イメージ 2

なかなかの色合いだ。
イメージ 3
でも、粘度は問題無くまだまだイケそうでもある。

計量カップにドライブシャフトオイルを入れる。
イメージ 4
マニュアル記載通りキッカリ110cc計量し、投入する。
新品のオイルは、蛍光イエローみたいな色で綺麗。

お次は、エンジンオイル。
オイルを抜くと、真っ黒なオイルに銀色のマーブル模様。(写真撮ってねぇー。)
200キロしか走ってないのに、こんなにも汚れるもんなんだな。
改めて、慣らし運転と初期のオイル交換は必須だなと実感。

それと、オイルドレンプラグの中に、金属片が多数あったので取出してみた。
イメージ 5
こちらは、亡きピストンのカケラだな。

抜いたオイル内にも、砂金のように金属片が沈んでいた。
イメージ 6
当分オイル交換の際、このように出てくるんだろう。


オイル交換後、試走を兼ねて10キロ程走ってみた。
車の流れに乗るように、時速40~60キロで走行。回転数は、7000回転以下。
とてもスムーズだ。今のところ、問題ない。
今後、回転数を7000、8000と段階的に上げていき、100キロ程走れば、慣らし終わりだな。
ハヨゼンカイニシタイ。

今回の修理作業にて、リアブレーキアームが錆びまくりなのを見てしまった。
コリャいかん!
オサレは、足元からと言う事で、オレンジ色がまぶしいNCYのリアブレーキアームを買った。
イメージ 1

純正との比較。
イメージ 2
純正より10mmほど長い。
長い分テコの原理で、少ない力でより強い力を生むわけだ。

付けた感じ。
イメージ 3
うむうむ。オサレオサレ。

あとは、キャブ調整だけってところまできました。

まず、キャブを開けてみる。
イメージ 1
綺麗なもんです。
約半年間放置していた割には、ガソリンのカスもなく綺麗。
燃料ポンプ式だと、キーONしない限り無駄な燃料がいかないから放置しても綺麗なんでしょうなぁ。

付いているメインとスロージェットを取り、現状の番手を確認する。
んーどれどれ、メインジェットの番手は、、、見る、、、み、、見えない、?!

老眼の兆しキターーー!!

近づけると、ぼやけて見えません。
こんなところで、老眼を認知するなんて、、、。寂しい。

結局、メイン135、スロー40でした。
(ノーマルの場合は、キャブは違うが、メイン105、スロー35です。)

ノーマルエンジンではデカ過ぎなので、2輪館へ買い物へ。
んで、買ってきました。
イメージ 2
セット品で購入。ちょうどイイ感じの番手があり良かった。

マフラーも社外品だしファンネル化している事から、とりあえず、メイン110、スロー38を取付け。
セルを回し、きゅるきゅるきゅる、、、かかりません。

そこで、キャブを手で塞ぎ、再度セルを回す。(濃い燃料を送るイメージ)
きゅるきゅるきゅるきゅるん、すと、すと、ぶとぶとととと、、。

おお!?あっさり火が入りましたよ!
うれしーーーー!
このこみ上げる喜びは、堪りませんな!

アイドリングも安定している。スローは38のままで良いカモ。

アクセルを少し開けると、ストールしそうになる。
メインが大きすぎるのか、ニードル段差変更で問題ないか、微妙なところ。
少し暖気し、オートチョークがOFFになると、アクセル開けても大丈夫そうな気配。
この辺は、慣らしが終わってからメインジェットの調整かねて変更しよう。

何とかエンジンにも火が入り、復活となった。
少し試走したが、問題なさそうだ。

クランクケースを付けて、完成。
イメージ 3
ファンネル化でエアクリは付けない。
クランクケースカバーもカッコ重視で付けない。

しかし、シグナスのクランクケースには穴が空いている。
イメージ 4
バッチリ水が入って、クラッチが錆びまくる予感。
でも、スッキリしてカッコイイ。完全に自己満足なわけですが。


明日は、ちょっとばかし近場を周って、調子を確認してこよう。
久しぶりにコイツでツーリングだ。

このページのトップヘ