TAKOBLOG

カテゴリ: ノーブル23

早く乗れるよーにせいや!って感じだが、やる気が出ないナリよね。
それでも定期的にエンジンだけはかけていたのだが、いつものようにキルスイッチ入れて電磁ポンプがカチカチ
鳴ってるのを聞いていたら、何やらガソリン臭い。

いったい何じゃ?!!
ってよく見たら、キャブ間の燃料ホースから、ガソリンだだ漏れΣ(゚д゚|||)
イメージ 1
普通燃料ホースの漏れなんて、じわぁ~と滲むとかを経て、ポタポタ漏れるんじゃないのカニ?
こんなイキナリ勢いよくジョロジョロ流れ出るもんなんか?!
走行中だったら、発火炎上廃車のコンボ確定ジャマイカ!!
最悪、爆発火だるまの刑になるがな、、、おっそろしい、、、(((( ;゚Д゚)))

乗れずにエンジンだけかけている状況が幸いした感じナリ。

とりあえず、ホースを抜いてみた。
イメージ 2
EARL'Sの燃料ホースが使われていたが、ステンメッシュの内側のゴムホースがカッチコチに硬化して
ひび割れしていた。
ステンメッシュで覆われていると中身の状態が判らずに危険ナリね。

危険が危ないので、EARL'Sの燃料ホースを使っている部分を全部取り外したナリ。
イメージ 3

んで、ホースの交換なのだが、もう怖くてEARL'Sの燃料ホースは手が出せない。
だけど、EARL'Sのフィッティングまで交換する費用が無い、、、。
そこで、グーグル先生にお聞きすると、EARL'Sの燃料ホース(AN6)は、横浜ゴムの燃料ホース(内径8mm)で
代用可能との事。

早速Amazonで横浜ゴムFUELホース(内径8mm)1.5mをポチっとな!
イメージ 4
送料込み2,260円也。

スイベルシールのソケット部分にホースを挿す。
イメージ 5
シリコングリスを少量塗れば、入れやすいナリ(*´∀`*)

ニップル部分にもシリコングリスを塗って。
イメージ 6

ねじ込んで完成ヽ(・∀・)ノ゛
イメージ 7
エンジンかけて漏れてこないので、これでOKナリね(=∀=)

いろいろあって長引いてしまったが、なんとか車検に無事通ったとお店から連絡があり本日引取ってきたナリ。
イメージ 1
いろいろあった結果、車検費用は181,250円と少々高くなってしまった(;´Д⊂)
まあ、無事通過出来てなによりなにより(=∀=)

んで、帰宅して定位置に。
イメージ 2
これでまた二年間の猶予が出来たので、少しずつ直していきまっしょいヽ(・∀・)ノ゛

明日車検にお店にもっていく日ってんで、もうてんてこ舞いナリι(´Д`υ)

サイドカウルの裏側が事故の際に削れてしまって、固定用のファスナーが取れてしまっているので修理する。
イメージ 1

まずは、FRPを貼っつきやすくする為に既存のFRP表面をサンダーで削る。
イメージ 2

ガラスマットを適当な大きさにハサミで切る。
イメージ 3
今回は2プライ貼るので、2枚用意。
ガラスマットは、前回修理の際に購入したのが余っていたので再利用。

樹脂と硬化剤を用意して混ぜる。
イメージ 4
樹脂400ccと硬化剤4gで足りるかな?
樹脂と硬化剤は、ヤフオクでセット品を購入。送料込み4,200円也。

んで、樹脂をガラスマットに塗っていき、コロコロで馴らす。
イメージ 5
ここまでが、昨日やった作業。


んで本日、続き。
一日でガッチリ固まりました。
イメージ 6
以前使った樹脂と違い、今回の樹脂は固まるのが遅かったので心配していたが、一日待てば完璧硬化( ゚∀゚)

固まっていない余分な部分はハサミで切り落とし。
イメージ 7

カッチカチな部分は、ジグソーでグギャーーーン!
イメージ 8
あー、チクチクするーーー!

まあ、こんなもんでしょう。
イメージ 9
んで、お次にパテで、、、、って時間が無いので、とりあえず車検にはこのままで行く。

ファスナーが削れて使い物にならなくなっていたので、コレ購入。
イメージ 10
モロソのズースファスナーセット セルフイジェクト(9mm×16mm)10個入り。Amazonで7,776円也。

リベットで固定して完成ヽ(・∀・)ノ゛
イメージ 11

サイドカウル装着して、久しぶりにウマから降ろした。
イメージ 12

降ろしてみて、やっぱりダメな感じと気づく。
イメージ 13
タイヤが上から見えてちゃ、怒られますな。
仕方がないので、急遽オーバーフェンダーも装着する。
もう突貫作業ナリ('A`)

オーバーフェンダー固定するので、カウルにドリルで穴を開ける。
イメージ 14

オーバーフェンダーはFRPなので樹脂でも接着するってんで、サンダーでカウルの表面を削る。
イメージ 15

樹脂&硬化剤を混ぜて、カウルの削った部分に塗る。
イメージ 16

素早く、オーバーフェンダーをカウルにリベットで固定。
まあ、雑だけど、こんな感じで。
イメージ 17
本当なら、さらに上からFRPを貼ってパテで形を整えていくつもりなのだが、
もう時間無いのでコレで明日の車検に持っていくナリ。
何とかコレでお願いしますm(_ _)m

事故が原因の修理とは別に、スピードメーターが故障してるのでどうにかせんといかん。
イメージ 1
走行中、急にメーター針が0表示になりそのまま止まってしまった。
だけどオドメーターは生きていたので、メーター針を動かす歯車かドコかが逝ったのだろう。
ググってみると、どうやらこのタイプのスミスのスピードメーターは、歯車の一部にプラスチックが使われていて
その部分が逝きやすいらしい。3,500マイルしか走ってないメーターなんだがな、、、。
クロノメトリックだったら全力で修理に出すが、コイツはそんなに好きじゃないので修理しないナリ( ´_ゝ`)

そもそも、オリジナルのロータス23Bはレーサーだったことから、スピードメーターなんぞ付いていないので、
スピードメーターなんぞイラん!って思うのだが、それだと公道走れないので簡易的なメーターに交換するナリ。

って事で、バイク用のアクティブのデジタルモニターV3スピードをヤフオクでゲットん!7,750円也。
イメージ 2
現行はV4だが、あえて旧型のV3を購入した。
V3はオドメーター表記があるのに対して、V4はオドメーターが無くなってしまったんよね。
退化してどーすんだ?意味が判らんなぁヽ( ´_`)丿

中身はこんな感じ。
イメージ 3
本体とケーブルとセンサーが付属しているって感じ。

それと、ノーブルは機械式メーターだったので、パルス信号変換をかます必要がある。
その辺で売っているパルス信号変換機は微妙に高いので、コレを購入。
イメージ 4
KOSOのスピードセンサーアダプター(KS-MO-SC51)でモノタロウで2,001円也。

ノーブルのスピードメーター用ケーブルは、ギヤBOXから取っている。
イメージ 5
スッドのギヤBOXにあるスピードメーター用ケーブルから一旦スミスメーター用のギヤ比に変換する
チッコイ箱をかまして、そこにケーブルがタイラップ留めで無造作にぶっ刺さっている感じだ。
流石英国キットカー、手抜き仕事すぎるだろ。

自動車のスピードメーターケーブルは規格がいろいろあるが、ノーブルで使われてたのはバイク用のと同じ
角型のワイヤーだったので、バイク用のアダプターが使えるって事ですな。
KOSOのアダプターとの比較。
イメージ 6
うむ。同じ形ナリね(=∀=)

んで、もともとのメーターケーブルは不要なので撤去するのと同時に配線を這わすので、
サイドカウルを剥いでみた。
イメージ 7
燃料タンクが左サイドに設置してある。
タンク容量がご丁寧にマジックで書かれていた。
第一タンクが21ℓで、第二タンクが11ℓの計32ℓだったナリ。
このタンクは前オーナーが製作したもので、ワンオフアルミタンクって事で結構金かかってそうな雰囲気。

KOSOのアダプターを装着して、配線も設置完了。
イメージ 8
ギヤBOXからメーターパネルまでの配線は、ホームセンターで3芯CVケーブルを買って這わせた。

ちなみに、KOSOのアダプターとアクティブのデジタルモニターとの接続は、アクティブのデジタルモニターの
センサー配線にそのまま接続すればOKだった。
イメージ 9
配線は、以下のとおり。
◆KOSOのアダプター
白線:パルス信号
赤線:電源
黒線:アース

◆アクティブのデジタルモニター
黒線:パルス信号
茶線:電源
青線:アース

んで、エンジンかけてタイヤ回してみるも、0キロ表示のまま、、、、。
KOSOのアダプターのワイヤーをドリルで回すとちゃんとスピード表示されるので、他に何か問題がある。
ふと、スミスギヤ比に変換するチッコイ箱をよく見てみると、どうにも回転していない。
問題箇所を探る為に、どんどん外していったら、、、、。
イメージ 10
スッドのギヤBOXに差し込まれている、スピードメーター用ドライブギヤが何か変ナリ。

よーーーく見ると、、、先端のプラスチックのギヤが欠けてるやんかーーー!_| ̄|○
イメージ 11
ググってみると、海外のスッドオーナー達も同じ状況が発生しているようで、長年ギヤBOX内で
高温になったOILにまみれている内に経年劣化でプラギヤが欠けるようだ。

分解してみるとこんな部品達で、この白いプラギヤだけ交換すればOKなのだが。
イメージ 12
もちろんの事だか、そんな部品はアルファロメオからは出てきません。
以前は、オーストラリアでリプロパーツが売っていたようだが、もう出てこない。

車検まで時間が無いのでギヤの事は置いておいて、他の方法を。
幸い、アクティブのデジタルモニターにはパルスセンサーも付属していたので、そいつを活用する。
センサー用のステーを道具箱の奥に転がっていたアルミの板で適当に製作する。
イメージ 13

んで、パルスセンサーを装着。
イメージ 14

パルス取る場所は、リアブレーキディスクの固定ボルトで取るナリ。
イメージ 15
ステーも適当にフレームにタイラップ留め。

エンジンかけてタイヤ回してみると、、、やったー!スピード表示したナリヽ(・∀・)ノ゛
イメージ 16
あとはウマから降ろしてから、スマホのGPSアプリと合わせてスピード調整すればOKナリね。

ロータス23Bは大好物だが、おれっち的にはオーバーフェンダーのロータス23Cの姿が大好きナリよね。(*´Д`)
今回ホイール交換によってカウルがぶち当たるって事で、妄想していたなんちゃってC化計画を発動するナリ!
ただ、大げさにオーバーフェンダー化すると5ナンバー枠からはみ出てしまうので、あくまでなんちゃってナリ。

フェンダーを一から作るのはおれっちの腕では無理なので、ヤフオクで汎用軽自動車用フェンダーをゲットん!
イメージ 1
送料込み7,500円也。

加工前の最後の姿。
イメージ 2

テープでフェンダーを仮止め。
イメージ 3
まあだいたいこんな塩梅カニ?
軽用フェンダーでちょうどエエ感じナリね。

フェンダーの内側に沿って、鉛筆で印をつけて。
イメージ 4

容赦無くジグソーでグガガガァーーー!
イメージ 5
レプリカで良かったね。
オリジナルでこんなんやったら、非難轟轟確実ナリね。

ちなみに、ノーブル23の生みの親であるリー・ノーブル自身もノーブル23に乗っていたのだが、
彼自身オバフェンにしてたので、無問題ナリね(=∀=)

ハイ切れました(*´∀`*)
イメージ 6

ホイール履いても、カウル当たらなぁーい!
イメージ 7
ってか、切り過ぎたか!?
まあ、あとはフェンダーつけてFRPで切った貼ったすればOKでしょ。
ただ車検まで時間が無いので、続きは車検から戻ってきてからナリね。

切り落とした部分は、このまま保存しておきます。
イメージ 8
FRPなんで、元に戻したくなったらコレをつかって切った貼ったすれば戻るしね。

このページのトップヘ