TAKOBLOG

カテゴリ: アディバ AD125

ここ最近すっかり寒くなってきて、AD125のエンジンがなかなか始動しない。
10℃以下になるとセルを30秒くらいかけっぱでようやくかかりだす始末。
って事で、プラグ交換してみた。

プラグの場所は、車体エンジン左側を覗くと見える。
20191106_01
カウルとか外さずに交換できるので、楽チンコ。

プラグ抜いてみると、純正熱価のCR8Eでは無くCR7Eが入っていた。
20191106_02
よくある台湾エンジンは日本だと寒いので一番下げた方がかかりやすい。
って言うアレカニ?
芯は微妙に摩耗してるよーな気がするが、まだまだ使えそうではある。
始動性は悪いが、かかってしまえば普通に乗れてたのでこんなもんカニ?
まあ、変えてみるナリよ。

少しでも始動性良くなる事を期待して、イリジウム入れるナリ。
20191106_03
CR7EIXを購入。モノタロウで買えば1000円以下だけど、会社帰りに
2輪館で買ったら1600円もした、、、_| ̄|〇

翌朝10℃以下になってたけど、一発始動!!
って事はなく、まあそれでも5秒くらいでかかるようになったので交換して
良かったとしておくナリよ(´-ω-`)

AD125購入してから約1ヶ月、毎日通勤で使用し何度か雨の中も走行しての感想だが、
はっきり言ってキャビーナの方が優れている感じ。
AD125の方が、速くて燃費良くて荷物積めるけど、その分クソ重くて取り回しし辛く、
精度が悪いせいか屋根から雨漏りするし、サイドバイザーの滴がモモに落ちてくるし、
後ろから巻き込みの風が酷くせっかくの屋根付き原付なのに、結構濡れる。
キャビーナだったら走ってさえいれば、ほとんど濡れなかったのに、、、_| ̄|〇
デザインと構想は優れているが、お粗末な造りがまさにイタリアンな感じ。

それでもコイツで通勤していかねばならないので、ちょいちょい改善していこう。

んで本日は、ワイパーブレードを交換する。
カッチカチに硬化したゴムのせいでちゃんと機能していなかったので、交換するんよ。
ついでに、アディバ純正品を購入すると高いので、国産ブレードに交換じゃ!
20191103_01

ワイパーブレードの取り付けフックは、国産車にもよくあるU字フックの様子。
20191103_02
これなら、国産ワイパーブレードに速攻で交換できるナリね(*゚∀゚)
って事で、モノタロウでポチっとな♪
20191103_03
ガラコpower撥水「PB-11」1,673円也。
ちなみにもともとついていたブレードの長さが55cmだったので、
ガラコも同じ長さのPB-11にした。
AD125のスクリーンは樹脂なので、ワイパー作動させすぎると傷付き寿命が
早まる気がするので、作動減少を狙って撥水ワイパーにしてみた感じ。

んで、早速装着!と思ったらU字フックにはまらん、、、('A`)
なんどやってもダメ。
どうやら微妙にフックが太くてブレード側にはまらないようだ、、、。
同じようなU字の形なので、てっきり国際的な規格だと思ってたけど違うのカニ??
仕方がないので、容赦無くベルトサンダーでギューーーン!!
20191103_04
約1mmほど削ってブレードをはめてみるとスンナリはまった(n‘∀‘)η
20191103_07
うむうむ。
んで、ついでにガラコ液504円も購入したので、ウォッシャータンクに投入。
20191103_06
んで、試しにワイパーを作動させてみると、、、。
ガコッガコッガコとワイパーブレードがアーム部分にぶつかっている。
すんなりいかんもんですな、、、( ´_ゝ`)

容赦なくワイパーブレードを固定するフックの金具部分をプライヤーでひん曲げた。
20191103_08
コレでぶつからずに完璧に作動するナリ。
ワイパーは消耗品なので、手軽に入手できるようになってアンチンコ。

せっかくズーマー売ってカーポートの下のスペースが出来かかってきたのに、
売買資金で浮足立ったのか、またアホなことしたナリ。

増車っすよ増車!売ったのにすぐ増車!
キャビーナぶっ壊れて、修理面倒で放置して早一年。
車での通勤は楽チンコなんだが機動力が悪く、あー原付二種が欲しい!屋根付きの!!
とか思ってたのは確かだが、まさかのポンコツをポチっとしちゃうとは、、、。

凝りもせずヤフオク個人売買で、ポチっとな♪
20191010_02
アディバのAD125ナリ。
イタリアのADIVA社の屋根付き♡
中身は台湾SYM社製だけど、、、、。

どマニアック車、何かと故障しまくりとネットに出まくりの原付で、
しかも、6万Kmも走ってると言うか、メーター故障でオド止まってて、、、
20191010_14
いったいぜんたい何Km走っとるんじゃ??!
って原付を9.2万円で落札_| ̄|○
アホまさにアホ!アホOFアホ!!

AD125とはどんな原付かと言うと、世界初開閉式屋根を備えたバイクって事で、
アディバ社が特許を取って、2001年頃ピアジオ社製のバイクとして販売開始。
その後、台湾SYM社製になってからアディバ社名のバイクとして販売している。
おれっち買ったのは中身SYM社の奴で、SYM社製は2009年~2011年モデルとなるが、
おれっちのはテールランプがLEDでFフォークが黒なので、2011年モデルだと思う。
既に廃盤車種で、現在アディバは三輪の屋根付きバイクを売ってますな。

スペックは、こんな感じ。 
〇排気量       124.5cc
〇エンジン      水冷4ストローク単気筒
〇最高出力      13.1PS/7,500rpm
〇最大トルク     1.09kg/m/7,500rpm
〇全長/ 全幅/ 全高   2190mm /690mm /1770mm
〇ホイールベース   1640mm
〇乾燥重量      171Kg
〇燃料タンク容量   14.2ℓ
ホイールは前後14インチで、ブレーキは前後ディスクでどちらも片押し2ポッド。

神奈川まで行き直接受け取り、自走で帰ってきた。
第一印象は、まずデカい!!まんま250ccデカスクの大きさ。
重さも乾燥重量で171Kgって装備重量じゃ180Kg行ってるジャン!もちろん重い。
見た目250ccなのに後ろを見るとピンクナンバーで違和感。
20191010_04
前からの迫力も原付とは思えない。
20191010_05
走り出してみると、思いのほかエンジンは元気に回る。
車重は重いしおれっち自身も重いので、さすがに走り出しはノンビリだが、
90Kmは出た。(スマホGPSアプリで計測)キャビーナより速いナリ。
しかも、重量級の割にはブレーキ効きまくりでスバラシイ。

収納は、シート下はちっこい感じ。
20191010_06
真ん中にある箱みたいなのは、バッテリーBOXなのだι(´Д`υ)

BOX部分が邪魔だが、半キャップなら1個入るって感じ。
20191010_07
ただAD125の利点は、ココ!リアトランクのデカさ。
20191010_08
ピザ屋もビックリ、90ℓ入りまっす!
仕事道具いっぱい入るわぁ( ´З`)

しかも、無駄に屋根がしまえる。
20191010_12
屋根をしまっても56ℓ入りまっす!
まあ、しまうことなんか無いだろうけど、、、。

屋根をしまうと、普通のデカスクに見える。
20191010_13
6万キロ以上走ってるし、約8年前の原付に9.2万円も出したのはアホの極みだが、
屋根付き原付二種としては、格安の部類なので突撃した訳でして、、、
さらにこの車両、一か月前に8.6万円でヤフオクで落札されているのよねー。
8.6万円で落札した前オーナーが、1年間の自賠責と約2.4万円のお店整備を
加えた状態で一か月で飽きてヤフオクに出品したのがおれっちの手に来たって感じ。
なんとなくお買い得感が出てポチっとなしてしまったのよね(´-ω-`)

とりあえず、メーター含めていろいろ不具合箇所はあるが、走るぶんには無問題
なので、通勤で大活躍して頂きたい。
不具合箇所は、そのうち改善していくってことで、、、。

デカ物新人入ってきて、ごみ屋敷化加速した。
20191010_01

このページのトップヘ